ビフィズス菌を増やすならオリゴ糖を摂取しよう


ビフィズス菌以外にもオリゴ糖を摂取すると便秘解消効果があると言われていますが、その理由とは何かについて、ここでは紹介します。

まず、オリゴ糖が便秘を解消させるのには整腸作用が関係しています。腸内の中で一番大切と言われている菌がビフィズス菌ですが、これが優勢の状態でなければ、悪玉菌などに負けてしまい腸内環境を整えることはできなくなってしまいます。悪玉菌が増えることによって重大な病気に繋がるケースもあるので、悪玉菌に負けない腸内環境にしなければなりません。その為にはビフィズス菌が大切ですが、簡単に増やすことができないのも特徴の一つです。例えばヨーグルトなどを摂取しても少ない量しか腸内に届けることができないと言われています。

しかし、オリゴ糖ならビフィズス菌の好物なので、腸内に少しのビフィズス菌しかなくても増やすことが可能になります。それによって腸内環境を整えることが可能になり、便秘なども解消させることができます。このように、オリゴ糖とビフィズス菌が力を合わせれば、腸内環境は良くすることが可能になります。また、便秘の改善以外にも腸内にメリットを与えるので、腸内環境を整えたいなら摂取をするといいでしょう。