日別: 2017年5月8日

ビフィズス菌と便秘の関係について


世の中には便秘に悩まされている方は多く、特に女性は悩んでいる人がたくさんいると言われています。腸内をスッキリとさせたいと思っている人は多いですが、そんな便秘の解消に必要不可欠になるのがビフィズス菌です。摂取する方法としては、ヨーグルトをはじめとした乳製品を食べ続けることが大切だと言われています。ビフィズス菌は腸内にある菌の中でも善玉菌とよばれている健康に欠かせないものです。善玉菌が腸内で優勢になることによって便秘の改善が期待され、腸内環境を良くすることができます。

このように私たちの健康には欠かすことができない菌なのですが、腸内に住むビフィズス菌を減らさないようにするためには、毎日のように乳製品を摂取する必要があります。ヨーグルトは生きたビフィズス菌を直接腸に届けることを可能にしますが、腸までの道のりは長いため、最終的に腸内に届くのはわずかな量だと言われています。せっかく毎日ヨーグルトを食べたとしても量が少なくては、悪玉菌などに負けてしまう可能性が高まります。そのため、できるだけ多く量を摂取する必要があります。そして、毎日続けることで、しっかりと腸までビフィズス菌を届けることができ、腸内環境を整えることができるので便秘などの解消に繋がります。

ビフィズスは、ヨーグルトでしか増やすことができないのかというとそうではありません。他にもビフィズス菌を増やす役割を持つ食品があります。それはオリゴ糖です。ビフィズス菌のエサとなって働いてくれるため、数を減らさないように活動してくれます。ですので、ヨーグルトと合わせてオリゴ糖も摂取した方が便秘の解消にはさらに良いと言われています。