月別: 2017年5月

オリゴ糖は選び方が大切


ビフィズス菌を増やすためにはオリゴ糖が大切になりますが、オリゴ糖は色々な場所で販売がされているので、選び方で悩むことがあります。腸内環境も選ぶオリゴ糖によって異なるので、ここではどんなオリゴ糖を選べばいいのかについて説明します。

まず1つ目は複数の種類のオリゴ糖を選ぶことです。腸内のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖ですが、腸内には色々な種類の善玉菌が存在しているので、好むオリゴ糖もそれぞれ異なります。例えば一種類のオリゴ糖を試して効果が無かった場合は諦める人もいますが、オリゴ糖にも種類が多く存在しているので、諦めずに他のオリゴ糖の摂取も検討するといいでしょう。実際にどの種類のオリゴ糖が一番効果があるということは人によって異なるので、自分の体調と相談しながら選ぶことが大切です。

2つ目は純度を見ておくことです。オリゴ糖の種類は様々ですが、中にはあまり品質の良くないオリゴ糖が含まれていることもあります。その中でも純度の低いタイプはオリゴ糖以外のも様々なものが含まれています。オリゴ糖以外が含まれていると肥満の原因になったりするので、純度は購入前に見ておくといいでしょう。純度は色々存在していますが、便秘には100パーセントに近いものを選ぶのが大切です。

ビフィズス菌を増やすならオリゴ糖を摂取しよう


ビフィズス菌以外にもオリゴ糖を摂取すると便秘解消効果があると言われていますが、その理由とは何かについて、ここでは紹介します。

まず、オリゴ糖が便秘を解消させるのには整腸作用が関係しています。腸内の中で一番大切と言われている菌がビフィズス菌ですが、これが優勢の状態でなければ、悪玉菌などに負けてしまい腸内環境を整えることはできなくなってしまいます。悪玉菌が増えることによって重大な病気に繋がるケースもあるので、悪玉菌に負けない腸内環境にしなければなりません。その為にはビフィズス菌が大切ですが、簡単に増やすことができないのも特徴の一つです。例えばヨーグルトなどを摂取しても少ない量しか腸内に届けることができないと言われています。

しかし、オリゴ糖ならビフィズス菌の好物なので、腸内に少しのビフィズス菌しかなくても増やすことが可能になります。それによって腸内環境を整えることが可能になり、便秘なども解消させることができます。このように、オリゴ糖とビフィズス菌が力を合わせれば、腸内環境は良くすることが可能になります。また、便秘の改善以外にも腸内にメリットを与えるので、腸内環境を整えたいなら摂取をするといいでしょう。

ビフィズス菌と便秘の関係について


世の中には便秘に悩まされている方は多く、特に女性は悩んでいる人がたくさんいると言われています。腸内をスッキリとさせたいと思っている人は多いですが、そんな便秘の解消に必要不可欠になるのがビフィズス菌です。摂取する方法としては、ヨーグルトをはじめとした乳製品を食べ続けることが大切だと言われています。ビフィズス菌は腸内にある菌の中でも善玉菌とよばれている健康に欠かせないものです。善玉菌が腸内で優勢になることによって便秘の改善が期待され、腸内環境を良くすることができます。

このように私たちの健康には欠かすことができない菌なのですが、腸内に住むビフィズス菌を減らさないようにするためには、毎日のように乳製品を摂取する必要があります。ヨーグルトは生きたビフィズス菌を直接腸に届けることを可能にしますが、腸までの道のりは長いため、最終的に腸内に届くのはわずかな量だと言われています。せっかく毎日ヨーグルトを食べたとしても量が少なくては、悪玉菌などに負けてしまう可能性が高まります。そのため、できるだけ多く量を摂取する必要があります。そして、毎日続けることで、しっかりと腸までビフィズス菌を届けることができ、腸内環境を整えることができるので便秘などの解消に繋がります。

ビフィズスは、ヨーグルトでしか増やすことができないのかというとそうではありません。他にもビフィズス菌を増やす役割を持つ食品があります。それはオリゴ糖です。ビフィズス菌のエサとなって働いてくれるため、数を減らさないように活動してくれます。ですので、ヨーグルトと合わせてオリゴ糖も摂取した方が便秘の解消にはさらに良いと言われています。